• 印刷する

テイクオフ:日本以外の多くの国と同…

日本以外の多くの国と同じく、インドネシアは全ての通りに名前がある。大通りは偉人の名が多い。日系モール裏手の道は「サクラ通り」と名付けられていた。我が家の住所は「ラン通り」だが由来は知らない。

ジャカルタに「マスメディア通り」がある。周辺には「雑誌通り」「記者通り」「速報通り」などが並ぶ。スハルト政権時代に記者協会の人が住む住宅街として造成されたという。今も現役記者は住んでいるのか。地元紙の記者に尋ねると「友人にも聞いたが、在住の記者は見つからなかった」という。「通信社通り」と「新聞通り」の四つつじでくつろぐ男性らは「それは昔の話。今はいろんな人が住んでいる」と話した。

何の変哲もない住宅街なので、気にしなければ知らずに通り過ぎてしまう。普段通る道も名前の由来をひもとけば面白い事実が眠っているかもしれない。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナで投資実現遅れ、BKPMが支援強化(21:17)

オーストラリアと労働者交換プログラム実施(21:17)

台湾の国泰金、マヤパダ銀の出資比率51%に(21:38)

テイクオフ:朝起きると、まず窓を開…(07/14)

大統領、検査態勢強化を指示 首都は活動制限強化も、感染増で(07/14)

西ジャワ州、マスク未着用住民に罰金適用へ(07/14)

バンテン州、PSBBを26日まで延長(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン