• 印刷する

テイクオフ:日本以外の多くの国と同…

日本以外の多くの国と同じく、インドネシアは全ての通りに名前がある。大通りは偉人の名が多い。日系モール裏手の道は「サクラ通り」と名付けられていた。我が家の住所は「ラン通り」だが由来は知らない。

ジャカルタに「マスメディア通り」がある。周辺には「雑誌通り」「記者通り」「速報通り」などが並ぶ。スハルト政権時代に記者協会の人が住む住宅街として造成されたという。今も現役記者は住んでいるのか。地元紙の記者に尋ねると「友人にも聞いたが、在住の記者は見つからなかった」という。「通信社通り」と「新聞通り」の四つつじでくつろぐ男性らは「それは昔の話。今はいろんな人が住んでいる」と話した。

何の変哲もない住宅街なので、気にしなければ知らずに通り過ぎてしまう。普段通る道も名前の由来をひもとけば面白い事実が眠っているかもしれない。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ブカシと首都北部を結ぶ高速道、来年開通(19:03)

サムスンペイ、DANAとゴーペイと提携(15:08)

アブラヤシ栽培地が前年通年より既に拡大(13:42)

テイクオフ:あの人は「乾いたカネボ…(10/14)

ストライプ、働く女性に照準 衣料・雑貨で売上200億円目指す(10/14)

【この人に聞く】健康食品の新興企業レモニロ 即席麺の人気広がる、輸出も開始(10/14)

大統領が最大野党党首と会談、連立結論出ず(10/14)

JICA支援の下水整備、21年に第1区着工(10/14)

東芝エネシステムズ、国営電力と覚書締結(10/14)

繊維の輸入手続きを厳格化、不正輸入増で(10/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン