テトボーナス、HCM市企業は平均30%増

ベトナム・ホーチミン市に拠点を持つ企業が従業員に支給するテト(旧正月)前のボーナス平均額は、前年に比べて平均30%増加することが、ホーチミン市労働・傷病軍人・社会事業局の調査で分かった。11日付ベトナム・ニュース(VNS)が伝えた。 調査に参加したのは2,000社以上、…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

現代自がベトナム販売網拡充、地場と新法人(12:18)

都市部で男性化粧品の需要増 身だしなみ意識向上、韓流影響も(01/24)

マセラティ、ハノイに新たな展示スペース(01/24)

建設コテコン、18年は増収減益(01/24)

VNスチール、18年連結益は21%減見込み(01/24)

中鋼19年純利益、直近8年で最高の320億元(01/24)

製紙総公社、18年の売上高は15%増(01/24)

丸紅、ベトナム南部に段ボール原紙製造工場(01/24)

フィンハイ、シンガのファンドから出資(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン