テトボーナス、HCM市企業は平均30%増

ベトナム・ホーチミン市に拠点を持つ企業が従業員に支給するテト(旧正月)前のボーナス平均額は、前年に比べて平均30%増加することが、ホーチミン市労働・傷病軍人・社会事業局の調査で分かった。11日付ベトナム・ニュース(VNS)が伝えた。 調査に参加したのは2,000社以上、…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(24日正午) 日本・韓国人らを経過観察対象に=タイ(15:49)

東南アIT業界への投資活況 1億ドル企業ひしめく、多様化へ(02/24)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(23日正午) イタリアで2人の死者、強まる日本への警戒(02/24)

人口の多い新興国でベンチャー産声=鈴木氏(02/24)

新型肺炎、5割が売上に影響なし=ジェトロ(02/24)

東京メトロ、HCM市都市鉄道で協力覚書(02/24)

ビナラインズ、傘下13社株を年内放出へ(02/24)

国産車の価格引き下げ策、商工省が提案(02/24)

ベカメックス工業団地を承認、ビンディン省(02/24)

バイオマス発電、FIT価格引き上げを提案(02/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン