• 印刷する

テイクオフ:年末年始を過ごしたミャ…

年末年始を過ごしたミャンマーは、「ロヒンギャの悲劇」が続く国であることが信じられないぐらい平和だった。ヤンゴンの公園はピクニックを楽しむ人でにぎわい、寺院では仏像の近くに座っておしゃべりに興じる人の姿が多く見られた。

民族衣装の「ロンジー」に身を包んだミャンマー人はみな親切で、人に物を渡す時には必ず、差し出す側の腕をもう一方の手で支える。奥ゆかしさと素朴さ、品の良さが同居する佇まいが心地いい。

澄んだ空気と青空も、インドから来た観光客を癒やしてくれた。デリーや中国の大都市と比べると車の数は圧倒的に少ないが、「渋滞が発生するようになったので政府が車の購入制限を始めた」と地元民は語る。不満を感じる国民も多いかもしれないが、深刻な大気汚染のつらさを知る者として、「政府の判断は絶対に正しいよ!」と、言わずにはいられなかった。(天)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

スリランカ、空港・港湾は平常通り(15:50)

テイクオフ:25年の歴史を持つイン…(04/22)

三輪車輸出、昨年度は5割増 ラストマイル向け需要が後押し(04/22)

マヒンドラ、フォードと中型SUVを開発へ(04/22)

VWの西部チャカン工場、出荷100万台達成(04/22)

二輪車ロイヤル、韓国市場に参入(04/22)

神戸製鋼、ゴム機械合弁を完全子会社化(04/22)

国営アルミ、リチウムイオン電池を生産へ(04/22)

石油公社、鉛蓄電池の市場展開で連携模索(04/22)

商船三井、RILのエタン船運用会社に出資(04/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン