【年始特集】有望な投資先、ベトナムが1位 印・中を大きく引き離す

駐在員ら630人に聞いた「2019年のアジアで最も有望な投資先」では、ベトナムを選ぶ回答が前年に続き最多だった。市場の成長性や労働コストの安さに期待する声が目立ち、回答全体に占める割合は35.7%と、2位のインド(17.8%)を大きく引き離して注目度の高さを見せつけた。一方、…

関連国・地域: 中国香港マカオ台湾韓国北朝鮮タイベトナムミャンマーカンボジアラオスマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンオーストラリアニュージーランドインド日本バングラデシュ東アジアASEAN
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【コロナを超えて】富士ゼロ、越の生産が急伸 21年から北部工場で主力機製造へ(09/24)

テイクオフ:アジアでトップクラスの…(09/24)

全世界から入国再開へ、3カ月以上の滞在者対象(09/24)

東南ア通貨、安定もドン高圧力=三菱UFJ(09/24)

SOMPOが「脱石炭」、保険引き受け原則停止(09/24)

トヨタ、SUV「アーバンクルーザー」発売(09/24)

居留許可保持者、ビザ再取得不要で入国可に(09/24)

8月の新車販売、12%減の6.9万台(09/24)

世界販売50万台視野、電池部品開発へ=米テスラ(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン