【年始特集】有望な投資先、ベトナムが1位 印・中を大きく引き離す

駐在員ら630人に聞いた「2019年のアジアで最も有望な投資先」では、ベトナムを選ぶ回答が前年に続き最多だった。市場の成長性や労働コストの安さに期待する声が目立ち、回答全体に占める割合は35.7%と、2位のインド(17.8%)を大きく引き離して注目度の高さを見せつけた。一方、…

関連国・地域: 中国香港マカオ台湾韓国北朝鮮タイベトナムミャンマーカンボジアラオスマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンオーストラリアニュージーランドインド日本バングラデシュ東アジアASEAN
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(28日正午) インド、日本人の到着査証発給停止(18:20)

クルーズ船が出航、フィリピンへ(02/28)

新型肺炎、感染者2人増え34人に(15:36)

電気通信工事ミライト、地場企業を買収(02/28)

山田コンサル、地場同業と業務提携(02/28)

抗菌消臭剤の販売開始へ 高橋練染、ヒジャブ女性などに(02/28)

AIで離職防止対策など提案 スタートアップ、日系企業に(02/28)

テイクオフ:肺炎を引き起こす新型コ…(02/28)

新型肺炎で家電に品薄の恐れ 部品供給が減少、3月販売に影響(02/28)

トラック市場、質重視の傾向 販売は半減も日系のシェア急拡大(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン