【年始特集】アジア通貨安、業績悪化が3割超 現地輸入業務で利益率低下

2018年は米国で4度の利上げがあったほか、米中貿易摩擦をめぐる懸念拡大などでアジア各国の通貨が売られやすい傾向が続いた。特にインドネシアルピアとインドルピーは顕著な通貨安となっている。こうしたアジアの通貨安が日本企業の現地事業に与える影響について、駐在員ら630人に…

関連国・地域: 中国香港マカオ台湾韓国タイベトナムミャンマーカンボジアラオスマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンオーストラリアニュージーランドインド日本パキスタンバングラデシュアジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

タイ人の海外旅行が旺盛に 日本人気続く、LCC拡充後押し(04/19)

スターツのホテル好調 開業半年、客室稼働率60%に(04/19)

テイクオフ:人は、想像力が及ばない…(04/19)

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

【一帯一路の現場から】唯一の完成車メーカー、力帆実業(04/19)

【アジアインタビュー】 「経済の本質を“面白く”伝えたい」 『中国嫁日記』の井上氏、初の経済マンガ(04/19)

シャープ再建に波乱も、カリスマ転身で影響必至(04/19)

下着通販サイト白鳩、ラザダに出店(04/19)

Bオート、日系エアロパーツの販売権取得(04/19)

アップルとクアルコム和解、スマホの特許訴訟(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン