【第5位】住民投票で激震、25年の脱原発に暗雲

脱原発の目標が軌道修正を余儀なくされた。11月24日の統一地方選に合わせて実施された住民投票で、2025年までの原発廃止を定めた「電気事業法」の条項撤廃を求めた提案が成立したためだ。 台湾行政院(内閣)のコラス・ヨタカ発言人(報道官)は11月27日、民意を尊重し、原発廃…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

二林精密機械園区、環境アセス初審通過せず(12:19)

テイクオフ:少年の悲鳴。教師が物差…(01/23)

19年は7割が人件費上昇実感 許容限度せめぎ合い、NNA調査(01/23)

クラウドエース、台湾法人を設立(01/23)

CISの亜泰、米中摩擦でミャンマー工場を拡張(01/23)

5G商用化、早ければ20年末にも(01/23)

ウーバー台湾がTTA加入、米本部と人材育成も(01/23)

通信機器の智邦、苗栗工場建設で1千人募集へ(01/23)

19年の世界半導体設備投資、4年ぶりマイナス(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン