• 印刷する

テイクオフ:日本・インド間のニュー…

日本・インド間のニュースを扱うインド人記者として、初めて東京を訪れた。日本人の民度の高さに感銘を受けたことは言うまでもないが、インド人の間でよく話題に上がる言葉の壁と食事の問題について、率直な印象を述べたい。

言葉の壁は米グーグルの翻訳アプリが大活躍し、予想に反して不便を感じることはなかった。ひるがえって食事はというと、「食べられるもの」を探すのにかなり苦労した。宗教に厳格なインド人はイスラム教徒であれば豚肉を、ヒンズー教徒であれば牛肉を避けなければならず、菜食主義者も多い。しかし日本の飲食店や売店で売られる定食や総菜は、ベジ(菜食)なのかノンベジ(肉食)なのか、ノンベジの場合は何の肉が使われているのか、見た目だけでは判別できなかった。

原材料の英語表記さえあれば。それだけで、インド人の訪日旅行は確実に増えるはずだ。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本の新興医療が商機探る 印との協業目指し、南部でイベント(07/19)

ソフトバンク孫氏、日本のAI活用加速訴え(07/19)

米イービックス、旅行サイトのヤトラを買収(07/19)

住友不動産、ムンバイでオフィスビル開発(07/19)

全日空のチェンナイ便、10月27日に就航(07/19)

インディゴ、来月22日から国際線2路線就航(07/19)

MGモーター、EV「eZS」を年内に発売(07/19)

自動車展:インドや中国の商用車も新モデル(07/19)

独ボッシュ、ベンガルール近郊で新工場稼働(07/19)

友嘉、内外3工場稼働で生産額120億元増へ(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン