• 印刷する

熟成肉のウッシーナ、海外1号店をオープン

ベトナムで「丸亀製麺」「ちよだ鮨」「カレーハウスCoCo壱番屋」などのフランチャイズ(FC)展開を手がけるロータス・グループは11日、「熟成肉バル ウッシーナ(Ussina)」1号店をグランドオープンした。ウッシーナが海外に出店するのは初めて。10日にはオープンを記念したレセプションパーティーが開かれた。

ロータス・グループは11日、「熟成肉バル ウッシーナ」のベトナム1号店をホーチミン市2区のタオディエンにオープンした

ロータス・グループは11日、「熟成肉バル ウッシーナ」のベトナム1号店をホーチミン市2区のタオディエンにオープンした

ウッシーナは、東海地方を中心に熟成肉バルを展開している。日本国内には15店舗を構え、今後は積極的な海外展開を進めていく。ウッシーナを運営するシルバーバックス・プリンシパル(東京都目黒区)のフードビジネス・ディレクター、池田敏一氏は「ベトナムが海外1号店。ミディアムレアで食べられるおいしい肉を地元の人にも味わってほしい」と意気込みを語った。また、今後はインドネシアなどへの出店も予定しているという。

ロータスのレ・バン・マイ社長は「すでにウッシーナの2号店、3号店の出店も決まっている」と話し、来年の4月ごろまでにベトナム国内最高層ビル「ランドマーク81」の高層階に入店する旨を明らかにした。それぞれ、立地に合わせたコンセプトで展開する。外国人在留者が多いホーチミン市2区のタオディエンに立地する1号店は、カジュアルなバルスタイルとなる。

メニューは、「熟成黒毛和牛サーロイン」150グラムが130万ドン(56米ドル、約6,300円)、「熟成リブアイ」「熟成ランプ」は150グラムが21万ドン、250グラムが39万ドン。このほか、テンダーロイン、牛タン、Tボーンステーキなどを提供する。基本の焼き方はミディアムレアで、リクエストに応じてオーダーできる。

熟成肉はすべて日本から輸入する。サイドメニューのほか、料理に合うワインやクラフトビールなども充実している。客席数は1、2階合わせて80席。

マイ社長は「2025年までに日本の本物の料理とサービスをコンセプトにしたレストランを300店舗に拡大する」との目標を掲げ、今後も日本のパートナー企業とともに積極的に展開する姿勢をみせた。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: サービス

その他記事

すべての文頭を開く

円借款メトロ、工事停止も 梅田大使「年内の未払い解決を」(12/12)

11月の自動車販売数、23%増の3.1万台(12/12)

出光合弁のギソン製油所、商業運転を開始(12/12)

アンファットとビンF、合弁会社設立か(12/12)

タクシー連盟が発足、独自の配車アプリ導入(12/12)

2大都市の住宅需要、毎年26万戸(12/12)

ノバランド、1.5兆ドンの社債発行(12/12)

コンドテル、ホテルの部屋数上回る(12/12)

韓国ネクスト、越バイオ企業に出資(12/12)

青森県、ものづくり企業向け商談会を開催(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン