• 印刷する

ベトナムで近代小売の利用加速=ニールセン

米系市場調査会社ニールセンは7日、ベトナムの消費者の購買行動に関する報告書を発表した。伝統的な市場や小売店から、コンビニエンスストアやミニスーパーといった近代小売りにシフトする傾向が加速しているという。

ニールセンは、ベトナムの消費者が1カ月間に訪れる店舗の形態を集計。2010年と18年のデータを比較した。10年には伝統市場が25.2回だったのに対し、18年は18.9回に減少。コンビニは1.2回から4.5回に、ミニスーパーは0回から2.2回に増加している。一方、スーパーは3.3回から2.5回に減少している。

ニールセンは「コンビニの数は12年から約4倍に増加しており、18年1~9月で最も多くオープンしたのはミニスーパーだ」と指摘。医薬品に加えて日用品や美容品を扱うドラッグストアも、過去2年で急速に増えているとした。

都市部の住民が日用消費財(FMCG)を購入する場所としては、今年第2四半期(4~6月)に近代小売店が11.3%伸びた。これは伝統的な小売りの1.6%を大きく上回っている。

近代小売りを重視する傾向が加速している背景についてニールセン・ベトナムの消費者調査部門トップ、コタック氏は「一般的に生活が忙しくなるなか、利便性や衛生面に対する需要が高まっている」と分析する。食品などのロスを減らすために、少量のものを頻繁に購入する傾向も強まっているという。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

電通、地場の同業レダーを完全買収(18:46)

高級物件への外国人投資増加 価格はアジア最低水準、リスクも(03/20)

タンソンニャット空港、周辺道路を拡幅へ(03/20)

タイ・ミャンマー国境の第2友好橋が開通(03/20)

HCM市のオフィス賃料8%増=サヴィルズ(03/20)

JESCO、ホーチミン市の設備工事を受注(03/20)

工業団地アマタ、中国企業の移転需要増予測(03/20)

鉄鋼ホアセン、18年度の輸出収益27%増(03/20)

韓国フィルターメーカー、工場を越に移転(03/20)

通信ケーブルSAM、3.5兆ドンに増資へ(03/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン