東京・豊洲市場で初競り、築地から移転開場

【共同】「日本の台所」と呼ばれた東京都中央区の築地市場の移転先、豊洲市場(江東区)が11日、開場した。小池百合子知事が安全性への懸念などを理由に移転延期を表明したため、当初予定より約2年遅れ、2001年の移転決定からは17年かかった。早朝から新市場で初めての競りが行わ…

関連国・地域: 日本
関連業種: 農林・水産小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

江丙坤氏が死去、日本との経済交流に尽力(20:11)

日本語教師の育成が本格化 受け入れ増へ、官民が取り組み(12/11)

テイクオフ:「あれ、おかしい。水が…(12/11)

NTTがAIで都市安全に、海外事業1千億円超(12/11)

中小のアジア進出に一層注力 地銀と連携強化も=商工中金社長(12/11)

楽天が携帯基地局着工、三木谷氏「価格で新風」(12/11)

11月新車販売、2%減の34万台 本年度初のマイナス、商用も減速(12/11)

ちよだ鮨、越で2周年「来年に2店舗目を」(12/11)

初の国産衛星宇宙に、日本留学の博士ら開発(12/11)

SIA、福岡線にボーイング787―10(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン