広がる二国間クレジット活用 低炭素化、環境インフラ輸出弾み

日本が新興国で温室効果ガス(GHG)排出量の削減に寄与する設備の導入費を補助し、削減量に応じてクレジットを取得する排出量取引制度「二国間クレジット制度(JCM)」を活用する企業が、タイで増えている。タイでJCMが開始して3年半で補助事業は26件に上り、JCM実施…

関連国・地域: タイ日本
関連業種: その他製造建設・不動産運輸電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ミャンマー国境に近い北…(12/17)

交通事故死、依然アジア最悪 二輪事故の対策課題=WHO調査(12/17)

19年も景気・通貨安定=三井住友銀セミナー(12/17)

日タイでASEAN議長国就任記念セミナー(12/17)

西鉄、総事業費72億円のコンド開発へ(12/17)

住宅アナンダ、三井不動産と合弁で新コンド(12/17)

パナソニック、タイで住宅事業参入を検討(12/17)

空港高速鉄道入札、CP連合が安値を提示(12/17)

タイ湾のガス田入札、PTTEPが落札(12/17)

バンチャーク石油、子会社4社の設立を発表(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン