• 印刷する

テイクオフ:先週末訪れた中心部の商…

先週末訪れた中心部の商業施設で、地場旅行会社が旅行フェアを開催していた。

パンフレットを見ると、欧州周遊などの長期旅行ツアーが目立つ。シンガポールでは高齢者や富裕層を中心に団体旅行を好む人が多いといわれる。家族・親戚一同が総出で旅行することも多い。中華系の夫と義理の家族ら約10人で出掛けた時は、料理の注文から買い物まで何かと時間がかかり大変だった。しかし、最近は一人旅をする人が増えているらしい。民泊仲介大手の米エアビーアンドビーの調べによると、2017年1月までの1年間で一人旅に出掛けたシンガポールの女性は前年同期の2倍に増えたという。

食事も外出もグループ行動が多いシンガポール人が、自分のペースで気ままに過ごせる一人旅の楽しさに目覚め始めているようだ。日本では既に普及している「おひとり様サービス」が、当地で受け入れられる日も近いかもしれない。(雪)


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: サービス観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

産学連携で5G研究施設を開所 シングテル、ドローンなど検証(01/18)

グーグル、オフィス拡張へ物件賃貸借交渉(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

12月輸出額9%減、2カ月連続マイナス(01/18)

中国企業と組み信用評価にAI導入、BPI(01/18)

柔軟な働き方提供する企業、18年に上昇(01/18)

EAEUとの貿易協定、今年半ばまでに締結(01/18)

野村不動産、東京不動産と資本提携(01/18)

訪日シンガポール人、18年は過去最高更新(01/18)

NETS、屋台向けに同日清算サービス導入(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン