• 印刷する

小学生から金融教育、19年に導入

カンボジアの小学校から高等学校までの全学年で、2019年から金融の基礎知識を学ぶ授業が始まる。プノンペン・ポスト(電子版)が3日に報じた。

カンボジア中央銀行がカリキュラムを策定中で、個別の教科にはせず、数学、家政学、社会科、生活、公民などの科目に含めて教える方針という。カリキュラムの策定後は教科書を作り、教師の訓練を経た上で、授業を開始する。

中銀のチア・セレイ事務局長は「小学1年生から金利計算やローン、貯蓄の意味などを教え、金融リテラシーを高める」と語った。

金融教育には、中銀や教育青年スポーツ省のほか、アジア開発銀行や各国の非政府組織(NGO)が技術、資金援助で参加する。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

財閥チップモンが複合開発 投資額1.5億ドル、米ホテル入居(01/16)

公共事業省、統合型物流拠点の設置検討(01/16)

サタパナ銀、クレジットカードの発行開始(01/16)

19年成長率は7.1%、AMRO予測(01/16)

中国企業に開発権、庁舎建設が条件(01/16)

シアヌークビル州に汚水浄化施設を整備へ(01/16)

主要3空港の旅客数、18年は1055万人(01/16)

国籍取得者への外交旅券、発給停止へ(01/16)

日本人商工会の伸び鈍化 18年時点、選挙・投資環境に課題(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン