• 印刷する

テイクオフ:今年は15年ぶりに火星…

今年は15年ぶりに火星が地球に大接近している。

火星が最も近づいたのは7月31日。地球からの距離は遠い時で1億キロメートル以上あるが、この日は5,759万キロメートルまで接近した。火星の明るさは半年前の約50倍だ。同日午後9時頃に夜空を見上げたが雲が空一面を覆い尽くし、東の空にあるはずの火星は全く見えない。諦め切れず真夜中に再度頭上を仰ぐと、雲の切れ間に赤く輝く火星を発見。他の星は全く見えず、火星の存在感がひときわ目立っていた。

6月に訪れたインドネシア・バリ島で星空鑑賞をした際、月のすぐ近くにやけに明るい星があった。天体観測アプリで調べると、それが火星だった。その時は知らなかったが、9月にかけて火星大接近で観察しやすい時期が続くようだ。当地では、街のネオンや高層建築のせいで天体観測は難しいが、しばらく火星探しを続けてみよう。(雪)


関連国・地域: シンガポールインドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

産学連携で5G研究施設を開所 シングテル、ドローンなど検証(01/18)

グーグル、オフィス拡張へ物件賃貸借交渉(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

12月輸出額9%減、2カ月連続マイナス(01/18)

中国企業と組み信用評価にAI導入、BPI(01/18)

柔軟な働き方提供する企業、18年に上昇(01/18)

EAEUとの貿易協定、今年半ばまでに締結(01/18)

野村不動産、東京不動産と資本提携(01/18)

訪日シンガポール人、18年は過去最高更新(01/18)

NETS、屋台向けに同日清算サービス導入(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン