EV普及は20年が加速地点 タタ配電、充電所など電力網強化

インド政府が国策に掲げる電気自動車(EV)普及に向け、配電会社が環境整備を進めている。首都ニューデリーを管轄するタタ・パワー・デリー・ディストリビューション(TPDDL)は、最大手マルチ・スズキが参入を予定する2020年から普及が加速するとみて、充電施設の整備と電…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車電機電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドの人たちは何かと…(09/26)

日系のヘルステック投資加速 医療ギャップ解消へ大きな需要(09/26)

南部の車工場で複数スト、大手労組が支援(09/26)

GM、インド最後の工場をJSWに売却か(09/26)

独VW、プネに印3カ所目の配送センター(09/26)

ホンダ二輪、インドからの輸出200万台突破(09/26)

【予定】26日 日米首脳会談ほか(09/26)

中国電動バイクの新日、インド工場設置へ(09/26)

【人事】三栄建築設計副社長に吉野満氏ほか(09/26)

鉄鋼タタ、ウシャマーティンと供給契約(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン