• 印刷する

テイクオフ:夏真っ盛りのマニラ。特…

夏真っ盛りのマニラ。特に午前10時以降の日差しは、太陽の殺気を感じるほどで、無防備に肌をさらすと悲惨なことになる。だから昼時には傘を差して歩く人も少なくない。傘といっても日傘ではなく、ただの雨傘だ。目に見えない紫外線はともかく、日差しだけでも防ぎたいという切実な思いを感じて、見かける度にほっこりする。

昼下がり。素肌をさらして炎天下を歩いていたら、傘の屋台が信号待ちをしていた。赤やピンク、紫と色とりどりの傘がカートいっぱいに詰め込んである。値段は70ペソ(約146円)から。この日差しの中でスーパーを往復したら、数年後にはしみに悩まされるかもしれない。妙な焦燥に駆られて、おじさんに声を掛けた。

交差点で緑の折りたたみ傘を開く。雨傘なんて気休めにしかならないが、「堂々と車道を走っている謎の自転車屋台」で買い物できたのは嬉しかった。(あ)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

今年の衣料品輸出2割増へ 米中貿易摩擦で工場移転も(08/17)

14カ月給与法案、労使双方の意見を聴取(08/17)

【アジア三面記事】知事の反論(08/17)

食品の関税引き下げ案、閣僚級委員会が否認(08/17)

二輪車TVS、フィリピンで新モデルを発売(08/17)

中期開発計画、17年は27件にODAが貢献(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

財閥DMCI、上半期は2割の増収増益(08/17)

【訃報】井出洵氏(元三井生命保険常務)(08/17)

16日為替:$1=53.440ペソ(↑)(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン