• 印刷する

テイクオフ:夏真っ盛りのマニラ。特…

夏真っ盛りのマニラ。特に午前10時以降の日差しは、太陽の殺気を感じるほどで、無防備に肌をさらすと悲惨なことになる。だから昼時には傘を差して歩く人も少なくない。傘といっても日傘ではなく、ただの雨傘だ。目に見えない紫外線はともかく、日差しだけでも防ぎたいという切実な思いを感じて、見かける度にほっこりする。

昼下がり。素肌をさらして炎天下を歩いていたら、傘の屋台が信号待ちをしていた。赤やピンク、紫と色とりどりの傘がカートいっぱいに詰め込んである。値段は70ペソ(約146円)から。この日差しの中でスーパーを往復したら、数年後にはしみに悩まされるかもしれない。妙な焦燥に駆られて、おじさんに声を掛けた。

交差点で緑の折りたたみ傘を開く。雨傘なんて気休めにしかならないが、「堂々と車道を走っている謎の自転車屋台」で買い物できたのは嬉しかった。(あ)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

大手診療所チェーン、シティーモールに開設(10/19)

クリスマス用食品の推奨価格、7割が上昇(10/19)

PEZAの所得税優遇撤廃 前長官が反対、比の魅力失う(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

北ミンダナオ、最低賃金8%超上昇(10/19)

ジプニー初乗り、11月から10ペソに値上げへ(10/19)

競争委、グラブとウーバーに課徴金命令(10/19)

JNTOがマニラ事務所を開設(10/19)

18日為替:$1=53.965ペソ(↓)(10/19)

アヤラ子会社、新興医療アプリに出資(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン