• 印刷する

訪日シンガポール人、4月は6%増

日本政府観光局(JNTO)が17日発表した4月の訪日シンガポール人客数(推計値)は、前年同月比6.3%増の3万7,600人となり、同月として過去最高を記録した。

桜人気による訪日需要の拡大や、春の魅力を訴求する訪日旅行プロモーションのほか、航空座席供給量の増加が訪日者数の押し上げに貢献した。

1~4月の訪日シンガポール人客数は、前年同期比12.3%増の12万400人と2桁の伸びを示した。

JNTOシンガポール事務所の三宅正寿所長は、「4月は3月に引き続き桜人気による訪日需要の高まりに加えて、オンライン旅行会社と連携した訪日旅行商品の販売や、訪日コミュニティーサイトでの花見をテーマとした情報発信などの効果が出た」と説明した。3~4月にシンガポール湾岸部の大型植物園ガーデンズ・バイ・ザ・ベイで開催された「SAKURA祭り」で、日系各団体と共同で訪日情報を提供するブースを出展したことによるPR効果もあったという。

シンガポールでは、5月末からスクールホリデーが始まる。三宅所長は「この時期は例年、年末に次ぐ第2のピーク期となっており、旅行需要が喚起されると期待している」と述べた。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

機械用のフィットビット提供 地場オーク、産業用IoTを展開(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

タダノ、海外向け部品供給センター設立(10/19)

車両購入権の割り当て、11~1月は9%増(10/19)

政府、セントーサ島とブラニ島を再開発へ(10/19)

OKウェイヴ、ブロックチェーン関連で受注(10/19)

産業ボイラー三浦、シンガ現法が駐在所(10/19)

スターハブ、プリペイド携帯で通話かけ放題に(10/19)

フラトンホテル、シドニーに海外1号店(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン