• 印刷する

テイクオフ:シンガポールに世界の注…

シンガポールに世界の注目が集まっている。先ごろから可能性が浮上していた同国での米朝首脳会談開催が本決まりになった。

1989年に、44年間続いた東西冷戦を終結させた米ソの会談が開かれたのは地中海に浮かぶ島国のマルタ。それを機にその名を知ったが、10年ほど前に観光で同国を訪れた際は、美しい海と中世の面影が残る街並みに、「ブッシュとゴルバチョフもここにやって来たのか」と感慨もひとしおだった。

シンガポールとは島国という点で共通するものの、経済的に発展し高層ビルが立ち並ぶ東南アジアのハブと、いささかひなびた風情のマルタとでは相違点も少なくない。当地が今回の会談の開催地に決まったのは、安全性と中立性が評価されたためという。開催前後は市内に厳重な警戒態勢が敷かれ、交通などへの影響も予想されるが、新たな歴史の1ページが開かれることに期待したい。(墺)


関連国・地域: 北朝鮮シンガポールロシア米国欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

DFNN、シンガポールのCYGと合弁へ(09/21)

SIAカーゴ、医薬品向け輸送サービス提供(09/21)

セムマリン、LNGタグボートを建造へ(09/21)

日本も「一帯一路」参画を 中国建設大手や外資海運が期待(09/21)

中心部の共用オフィス、ゼロテンが買収(09/21)

4フィンガーズ、豪社の株式50%取得(09/21)

エネルギー庁、中小対象に太陽発電事業入札(09/21)

18日の停電、セムコープなどの供給遮断が原因(09/21)

潤滑油添加剤の米アフトン、新工場棟を開設(09/21)

【アジア三面記事】パパ、何をしているの(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン