テイクオフ:シンガポールに世界の注…

シンガポールに世界の注目が集まっている。先ごろから可能性が浮上していた同国での米朝首脳会談開催が本決まりになった。

1989年に、44年間続いた東西冷戦を終結させた米ソの会談が開かれたのは地中海に浮かぶ島国のマルタ。それを機にその名を知ったが、10年ほど前に観光で同国を訪れた際は、美しい海と中世の面影が残る街並みに、「ブッシュとゴルバチョフもここにやって来たのか」と感慨もひとしおだった。

シンガポールとは島国という点で共通するものの、経済的に発展し高層ビルが立ち並ぶ東南アジアのハブと、いささかひなびた風情のマルタとでは相違点も少なくない。当地が今回の会談の開催地に決まったのは、安全性と中立性が評価されたためという。開催前後は市内に厳重な警戒態勢が敷かれ、交通などへの影響も予想されるが、新たな歴史の1ページが開かれることに期待したい。(墺)


関連国・地域: 北朝鮮シンガポールロシア米国欧州
関連業種: 社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

6月の新規車両登録、15%増 乗用車が好調、6カ月ぶり1万台超(07/20)

TPPを批准、メキシコ・日本に続き3カ国目(07/20)

【アジア三面記事】神隠しの結末は(07/20)

関貿網路、星企業と貿易ブロックチェーンで提携(07/20)

コンフォート、EVタクシー2台の運用開始(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

配車アプリのグラブ、国立大とAI研究所開所(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

STエンジ、自動運転車で米ライドOSと提携(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン