• 印刷する

新排水基準セミナーを開催、商工会

企業からの質問に答えるLLDAのヘルナンデス氏(右)とEMBのアコーダ氏(左)=10日、マニラ首都圏マカティ市(NNA撮影)

企業からの質問に答えるLLDAのヘルナンデス氏(右)とEMBのアコーダ氏(左)=10日、マニラ首都圏マカティ市(NNA撮影)

フィリピン日本人商工会議所(JCCIPI)は10日、マニラ首都圏マカティ市で、新排水基準に関するセミナーを開催した。新排水基準は2016年に設けられ、より細分化され厳しいものとなった。参加した各企業や団体からは、質問が相次いだ。

新排水基準を設けた環境天然資源省の省令(DAO)2016年第8号について、同省傘下の環境管理局(EMB)のレサ・アコーダ水質管理部門長と、ラグナ湖開発庁(LLDA)のエミテリオ・ヘルナンデス部門長が解説。厳格化された項目などを、改正前のDAO(1990年第35号)と比較しながら説明した。アコーダ部門長は、東南アジアで適切な基準であり、全てが厳格化されたわけではく、緩い項目もあると指摘した。

セミナーには日本企業など約150人が参加した。メーカー関係者らが熱心に質問を投げ掛けた。貴金属や銅の規制が特に厳しくなっていることに対し、「銅の処理に頭を抱えている」などの声も上がった。技術的なアドバイスに関しては、科学技術省傘下の工業技術開発研究所(ITDI)に相談するよう促す場面もあった。

改正された新排水基準は、米国や日本、オーストラリアなどのEPAの排水規制基準を参考にしたことにより厳格化。最大で5年間の猶予期間が与えられるが、さらなる設備投資が必要になると予想されている。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

外国人の入国禁止、30日まで延長(04/16)

新型コロナ、新たに1万726人感染(04/16)

新型コロナ、新たに1万1101人感染(12:46)

フィリピン由来の変異株警戒 日本、入国後は待機措置厳しく(04/16)

新型コロナ、新たに1万1429人感染(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

ワクチン接種125万人完了、4割止まり(04/16)

鉱業免許の新規発行再開、9年ぶり(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン