《知財》米が「優先監視国」指定継続 知財侵害と批判、商務省反発

米通商代表部(USTR)は4月27日に発表した包括通商法スペシャル301条に基づく2018年版報告書で、中国を引き続き、知的財産権保護に重大な懸念がある「優先監視国」に指定した。「電子商取引(EC)市場での知財侵害品流通」などを取り上げて批判している。中国商務省は「一方…

関連国・地域: 中国-全国米国
関連業種: 経済一般・統計IT・通信金融・保険商業・サービス観光・娯楽政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本のコンビニエンスス…(05/24)

中国海南省、2都市に直航便就航へ(05/24)

下期に大型IPO相次ぐか 滴滴など3社が1兆円超調達へ(05/24)

全国の就業者数7.76億人 微増、第3次産業で拡大(05/24)

自動車の輸入関税引き下げ、各社値下げ検討(05/24)

〔政治スポットライト〕日豪外相会談、印太平洋の安定で一致(05/24)

4月スマホ販売が8.4%減、50万台下回る(05/24)

自貿区の規制緩和策を全国に、船舶輸送など(05/24)

4月のオフィス賃料、過去2年で最大の伸び(05/24)

研究費の対売上高比、中央企業の評価項目に(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン