• 印刷する

バングラとのコメ輸出合意、22年までに実行

カンボジア政府とバングラデシュ政府は2017年8月に合意した、カンボジアからバングラデシュへのコメ輸出について、両国政府は改めて協議した。当初予定からはずれ込んでいるものの、合意期限の22年までには実行する見通し。クメール・タイムズ(電子版)が26日に伝えた。

カンボジアのパン・ソラサック商業相とバングラデシュのトファイル・アーメド商業相が会談した。17~22年に100万トンのカンボジア産米をバングラデシュに輸出する計画だが、17年は技術的な問題が発生し、実績はゼロだった。

パン・ソラサック商業相は「22年まで時間があり、合意に基づいてコメを輸出する」と強調した。技術的な問題については詳細を明らかにしなかった。トファイル・アーメド商業相も輸出の遅れには理解を示した。

両国の商業相は、2国間の貿易や投資についても協議した。18年の2国間貿易は800万米ドル(約8億8,000万円)と、16年比で倍増を見込む。投資案件では、バングラデシュ企業によるカンボジアへの精米所や食品加工施設の設置などを検討していく。両国間の交流拡大に向け、直行便の就航についても協議した。


関連国・地域: カンボジアバングラデシュ
関連業種: 農林・水産

その他記事

すべての文頭を開く

EUの制裁検討に強硬姿勢 国際協力相、ASEMで反発(10/23)

携帯スマートの経済貢献拡大 17年は3.4億ドル、納税額は最大(10/23)

プノンペン特区社、増資で985万ドル調達(10/23)

1~9月ゴム輸出量22%増、価格は下落(10/23)

対ロシア債務、「投資」に変更で合意(10/23)

商業相、米労働協会に投資呼び掛け(10/23)

フン・セン首相、元野党党首との交渉拒否(10/23)

宝飾の六福、7~9月は既存店14%増収(10/23)

EU制裁検討は「心理戦」 フン・セン首相、強気の姿勢維持(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン