1Qの景況感改善、農林水産・製造が後押し

インドネシア中央銀行が12日に発表した景況感調査によると、今年第1四半期(1~3月)に事業や受注が「拡大した」と回答した割合から、「縮小した」との回答率を差し引いた数値(DI値)は8.23%だった。農林水産、製造業が好調で、前期の7.40%から改善。前年同期の4.80%を…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善(01/24)

ブカラパック、動画配信フィディオと提携(01/24)

古河電工、洪水被災工場が操業を再開(01/24)

日野自、今年は14%成長目標 インフラ開発・資源価格好転で(01/24)

首都で新型肺炎騒ぎ、政府は否定(01/24)

最低賃金の新算出指標、オムニバス法で導入(01/24)

政策金利は5%、3カ月連続据え置き(01/24)

19年生保の最終損益、赤字が4倍に拡大(01/24)

EVの名義変更税を免除、首都が条例公布(01/24)

20年の自動車と部品輸出額、13%増を目標(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン