• 印刷する

違法残業に行政処罰7500万ドン=政令草案

ベトナム労働・傷病軍人・社会事業省が、残業規定違反に対して最高7,500万ドン(3,300米ドル、約35万円)の行政処罰や営業停止処分を定めた政令草案を作成し、関係機関に意見を求めている。20日付トイバオ・タイチン電子版が報じた。

草案は、年間の法定上限(200時間または特別な場合には300時間)を超えて残業させるか、公休日に1日12時間を超えて働かせた雇用者に対して、該当する労働者の数に応じて500万~7,500万ドンの範囲で行政処罰を定めている。該当する労働者が101人を超える場合は、行政処罰に加えて、1~3カ月間の営業停止処分も定める。

法定労働時間を超える所定労働時間を設定したり、労働者の同意なしに残業させた雇用者に対しては、2,000万~2,500万ドンの処罰。労働時間内の休憩時間、交代勤務のための休日、慶弔休暇、無給休暇などに関する規定違反には、200万~500万ドンの処罰。週休、年休、祝日、テト(旧正月)休暇の規定違反には、50万~1,500万ドンの処罰も提案されている。

草案では、社会保険料を横領したり納付しない雇用者に対して最高7,500万ドンの処罰、社会保険の給付金の横領に最高3,000万ドンの処罰も提案されている。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

河村電器、ドンナイ省に現法設立(09/21)

日本も「一帯一路」参画を 中国建設大手や外資海運が期待(09/21)

日本品質保証機構、日本電計と越で合弁(09/21)

ボッシュ、「4.0」人材の養成施設を開所(09/21)

韓国の中小製造業、生産拠点は中国より越(09/21)

アサヒ衛陶の越販社、不動産各社と大口契約(09/21)

ダイズオン社、セメント工場建設計画に賛否(09/21)

【アジア三面記事】パパ、何をしているの(09/21)

国内2大空港の滑走路、老朽化で修繕必要(09/21)

【予定】21日 8月消費者物価指数ほか(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン