世界遺産の棚田でかんがい事業、政府が承認

フィリピン政府はこのほど、ルソン島北部イフガオ州バナウエでのかんがい事業を承認した。事業費は3,042万ペソ(約6,300万円)。コメの十分な供給、かんがい用水の安定供給、休耕地となっている棚田の再生を図る。バナウエは、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録さ…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 食品・飲料農林・水産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、新たに9628人感染(18:23)

テイクオフ:インスタグラムの検索機…(04/19)

ニッケルの世界需要拡大 EV普及や中国向け、比に商機(04/19)

ニッケル大手2社、20年通期は大幅増益(04/19)

家政婦の入境に支障も、労働局長が注意喚起(04/19)

新型コロナ、新たに1万98人感染(04/19)

外国人の入国禁止、30日まで延長(04/19)

変異ウイルス、新たに642人の感染確認(04/19)

企業優遇法の細則、来月17日までに策定(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン