• 印刷する

配車アプリの車両登録を再開、約2年ぶり

フィリピンの陸運統制委員会(LTFRB)はこのほど、「ウーバー」や「グラブ」などオンライン配車アプリを使って営業する車両の新規登録を再開した。車両登録は2016年7月以来、1年8カ月ぶり。ウーバーは、登録手続きをサポートするアシスト・センターを開設し、登録車両数の拡大を急ぐ。8日付マニラスタンダードなどが伝えた。

LTFRBは当初の予定通り、今週から新規登録を再開した。リザダ理事によると、理事会の「マスターリスト」に記載された申請者から優先的に登録を進めている。地元メディアGMAネットワークによると、マニラ首都圏では既に、LTFRBが定める上限の6万5,000台を超える登録申請書が提出されているという。

ウーバーは、首都圏ケソン市のLTFRBのオフィスから数メートルのビルに「運輸ネットワーク車両サービス(TNVS)アシスト・センター」を一時的に開設。必要書類の準備などで運転手をサポートする。

LTFRBは1月、ウーバーやグラブなど運輸ネットワーク会社(TNC)の配車アプリを使って営業する車両の総登録台数を制限する覚書回状を発出。登録台数の上限をマニラ首都圏で6万5,000台、セブ都市圏で1,500台、パンパンガ州で250台と定めた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸IT・通信小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

港湾と物流大手が提携、スービックで4PL(15:42)

テイクオフ:家電量販店で、商品のカ…(08/16)

スーパー大手、上期決算は明暗 税制改革で既存店売り上げ堅調(08/16)

国民IDのインフラ整備、アヤラ連合が提案(08/16)

6月の海外送金受取、4.5%減の23.6億ドル(08/16)

GTキャピタル、自動車販売不調で減収減益(08/16)

15日為替:$1=53.470ペソ(↓)(08/16)

韓国系半導体SFA、生産品目シフトで減益(08/16)

米BPO大手、首都圏ケソン市に新拠点開設(08/16)

海事産業庁、造船新興でJICA協力に期待(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン