• 印刷する

富士通、訪問型メンテサービスで比拠点活用

富士通は5日、同日から世界180カ国で、他社製品を含めたIT機器のメンテナンス作業を代行する訪問型サービスを開始すると発表した。フィリピンなど3カ国をハブに、各拠点のエンジニアに作業手順書などを送り、24時間体制でサービスを提供する。大手、準大手、中堅の日系企業200社以上をターゲットに、2020年度末までに年間売り上げ20億円を目指す。

フィリピン、ベルギー、コスタリカの3カ所にある同社の海外拠点を情報共有・教育のハブとして、海外グループ会社や現地サービス会社のエンジニア約1万5,000人を客先に派遣する。パソコンなどのIT機器の移設やセットアップ、消耗部品の交換、故障時の対応といったITサービスを提供する。

費用は、サービスの導入費用(35万円)、月額基本料(10万円)に、1件当たりの作業料金がかかる。同社の試算では、自前でエンジニアを配備するのに比べ、4割程度の費用で済むという。

富士通の広報担当者は5日、NNAに対し、「これまで個別に対応していたサービスを標準化することで、より使いやすく、大規模に展開できる形になった」とコメント。遠隔操作による運用などではカバーできなかった作業を訪問サービスで補うことで、海外展開する日系企業のITサービス需要を取り込みたい考えを示した。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

マニラ港の混雑緩和へ空コンテナ移送を指示(02/22)

不動産ウェンセスラオ、今年は40億ペソ投資(02/22)

製造や人材活用で新たな動き 注目浴びるミ島の潜在力(中)(02/22)

日比協力インフラ合同委、大阪で第7回開催(02/22)

改正会社法が成立、事業環境改善に期待感(02/22)

国民皆保険法が成立、社会保障強化の機運(02/22)

21日為替:$1=52.130ペソ(↓)(02/22)

三菱商事系の住宅会社、ラグナで3件目販売(02/22)

政府の大型インフラ計画、法制化の動き(02/22)

小売りメトロ、サマール州と合弁で複合開発(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン