米国際開発庁、カヤー州支援に4800万米ドル

米国国際開発庁(USAID)は、ミャンマー東部のカヤー州で雇用促進や保健・教育サービス向上を支援するため、4,800万米ドル(約51億3,000万円)を拠出することを明らかにした。ミャンマー・タイムズ(電子版)が23日伝えた。 USAIDと、支援を受ける地元の医療団体、青年…

関連国・地域: ミャンマー米国
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

森崎ウィンさん、販促事業で引っ張りだこ(19:27)

ライオン・エア、ミャンマーに路線開設へ(14:27)

再生可能エネ導入促進へ法案 電化率引き上げへ開発後押し(09/26)

JICA理事長賞、ラオスなどが受賞(09/26)

スターバックス、ミャンマー出店を棚上げ(09/26)

ヨマ、キャタピラー重機を販売・レンタル(09/26)

8月末の消費者物価指数、8.18%上昇(09/26)

ミャンマー民主化の支援を、河野氏(09/26)

鉄道のヤンゴン―マンダレー線が復旧(09/26)

モバイル納税システム、18社が応札の意向(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン