米国際開発庁、カヤー州支援に4800万米ドル

米国国際開発庁(USAID)は、ミャンマー東部のカヤー州で雇用促進や保健・教育サービス向上を支援するため、4,800万米ドル(約51億3,000万円)を拠出することを明らかにした。ミャンマー・タイムズ(電子版)が23日伝えた。 USAIDと、支援を受ける地元の医療団体、青年…

関連国・地域: ミャンマー米国
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新投資省、手続きのシングルウィンドー化推進(13:21)

投資促進管轄の新省を設立 誘致強化、事業環境改善が目的(11/21)

南部メイの電気料金、燃油高で値上げ(11/21)

アリババの独身の日、1時間で9万ドル販売(11/21)

ヤンゴン空港、欧州航空会社に就航働き掛け(11/21)

運輸相、チン州の新空港建設現場を視察(11/21)

マンダレーのガラス工場、新溶解炉が稼働(11/21)

メコンの空路接続調査、課題解決に期待(11/21)

糖尿病リスク要因、全国で調査実施へ(11/21)

新党「人民党」、ヤンゴンで党本部を開所(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン