ITD受注のダッカ鉄道、中国企業と合弁

タイのゼネコン大手イタリアンタイ・デベロップメント(ITD)は21日、バングラデシュの都市鉄道の建設事業を手掛ける合弁会社を中国企業と設立したと発表した。 タイ証券取引所(SET)への報告によると、2016年6月29日に中国の建設企業、中国水利水電建設集団(シノハイド…

関連国・地域: 中国タイバングラデシュ
関連業種: 電力・ガス・水道建設・不動産運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

商業施設CPN、5年で3400億円投資へ(19:00)

テイクオフ:渋滞で停止した車のサイ…(05/24)

東急電鉄、首都で分譲950戸 サンシリとの合弁第2、第3弾(05/24)

4月の車輸出5%増、米州向けが拡大(05/24)

トヨタ、「C―HR」2万台販売の見通し(05/24)

Dウェル、首都3カ所で高級低層住宅を開発(05/24)

不動産オリジン、香港に販売事務所を開設(05/24)

グラブ、バイタク運転手の囲い込み強化(05/24)

主要6空港利用者、4月は9%増の1214万人(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン