ITD受注のダッカ鉄道、中国企業と合弁

タイのゼネコン大手イタリアンタイ・デベロップメント(ITD)は21日、バングラデシュの都市鉄道の建設事業を手掛ける合弁会社を中国企業と設立したと発表した。 タイ証券取引所(SET)への報告によると、2016年6月29日に中国の建設企業、中国水利水電建設集団(シノハイド…

関連国・地域: 中国タイバングラデシュ
関連業種: 建設・不動産運輸電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

総選挙実施の勅令発布、3月24日が有力(14:15)

【ASEAN】日本に似てきたタイ市場(01/23)

テイクオフ:分かりそうで分からない…(01/23)

18年の新車販売は103.9万台 5年ぶり大台、19年も百万台予測(01/23)

ブリヂストン、輸出強化で5%増収目標(01/23)

メルセデス、高級クーペのCLSを発表(01/23)

PPP委員会、オレンジライン西部区間承認(01/23)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(351)(01/23)

レムチャバン港入札、公団がTOR修正へ(01/23)

18年の主要6空港利用者、5.5%増の1.4億人(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン