• 印刷する

【アジアに行くならこれを読め!】『「コト消費」の嘘』

本書に登場する台湾の「誠品書店(エリート・ブックストア)」。創業者の「台湾に新たな文化・クリエイティブ産業が生まれ続けるようバックアップする」との信念の下に誕生し、運営会社は今では書店にとどまらず、劇場や映画館、ホテルなど多角経営を進めている。なぜこんなにも繁盛しているのか。

台北に住んでいたころ、24時間営業の誠品書店にはよく通った。眠れない真夜中には若者を中心とする客が多く、床に座り込んだり、踏み台に腰掛けたりして思い思いに本を読んでいた。そして、よく売れていた。やはり企業の信念が支持されているのだろう。

ポリシーを掲げることが重要と著者は説く。ホームページに申し訳程度に書くのではなく、店の入り口の目立つ場所に、客にはっきりと分かるように。こうすることで企業、店にある種の人格=キャラが生まれ、物語の主人公になる資格を得るという。誠品書店のキャラは「台湾の文化・クリエイティブシーンの支援者」というところか。

巷間(こうかん)言われる「体験型消費」だけをコト消費とするのではなく、コト体験することでモノを買いたくなる、さらにこのコトとモノを結び付ける物語を編む必要がある、と著者。どう編むのか。誠品書店をはじめとする多数の事例を挙げ説明されているのでぜひご一読を。

──────────────────────────────

『「コト消費」の嘘』

川上徹也 KADOKAWA

2017年11月発行 800円+税

───────────────

キーワードは、ズバリ、「物語(ストーリー)」です。(本書より)

───────────────

<目次のぞき見>

・なぜ「コト消費」は流行語になったのか?

・コトとモノをつなげる台湾のデパート

・「お客様は常に正しい」は本当に正しいのか?

・「お客様はいつも正しいわけではない」は本当か?

・「アジアのかけ橋」という物語

───────────────

<著者紹介>

川上徹也(かわかみ・てつや)

コピーライター。湘南ストーリーブランディング研究所代表。経営理念や企業スローガンなど会社の旗印になる「川上コピー」を得意とする。『こだわりバカ』(2016年)、『1行バカ売れ』(15年)、『物を売るバカ』(14年)など著書多数。

※特集「アジアに行くならこれを読め!」は、アジア経済を観るNNAの新媒体「NNAカンパサール」2018年1月号<http://www.nna.jp/nnakanpasar/>から転載しています。


関連国・地域: 日本
関連業種: 小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ミャンマー人材の来日切望 早期の実現願い、面接続く(07/08)

6月輸出は前年比3.8%減に 電子・通信の伸び継続が好材料(07/08)

【日韓対立】不買運動、双方に傷残す 輸出管理の厳格化から1年(下)(07/08)

【月次リポート】自動車ニュース(6月) トヨタ、中国でFCV普及へ(07/08)

地域別の新規バイク登録台数(20年6月)(07/08)

三井物産、GTキャピタルと中古車事業参入(07/08)

エアアジアの1Q決算、赤字は前期比2.1倍(07/08)

6月の外国人入国は279人、前年比99.7%減(07/08)

駅開発丸ごと売り込み、インフラ輸出計画を改定(07/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン