【SET企業の戦略】バンプー、米日中に積極投資 海外で多角化、石炭依存から脱却

タイの石炭大手バンプー(BANPU)が事業多角化を進めている。昨年から今年にかけて米国のシェールガス田買収に総額5億2,200万米ドル(約590億円)を投資したほか、日本では太陽光発電所、中国では石炭火力発電所の大規模開発を新たに計画。過去数年で石炭販売が落ち込む中、…

関連国・地域: 中国タイ日本米国
関連業種: 経済一般・統計天然資源電力・ガス・水道金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

SPCGが京セラに割当増資、総額37億円(13:27)

テイクオフ:バンコクの公園の規制が…(02/20)

17年のGDPは3.9%増加 5年ぶり高成長、輸出がけん引(02/20)

国家改革計画を承認、11分野が対象(02/20)

奨学金返済額を給与から徴収、官民で開始へ(02/20)

1月の対日輸出、328億円の入超(02/20)

FTI農機部会、今年は販売1割増見込み(02/20)

ゼネラルキャンディー、中国市場の開拓強化(02/20)

果汁飲料ティプコ、17年は減収減益(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン