【響き合うメコン】台頭するミャンマーに熱視線 コスメ市場(上)開放で流行一体化

【第2部】ミャンマーやカンボジアなどメコン各国で経済成長が加速し、所得が拡大する中、域内の「先進国」タイから消費財が流れ込んでいる。化粧品や日用品業界ではタイ企業のほか、日本や韓国勢もタイを足掛かりに周辺国へと攻勢をかける。長い軍事政権下で閉鎖されていたミャン…

関連国・地域: タイミャンマー
関連業種: 化学その他製造小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

18年度外国投資は3割増 開放政策で、シンガポールけん引(10/16)

19年度予算、電力省に最大の割り当て(10/16)

比アヤラ、ヨマと合弁で再生エネ市場参入(10/16)

マンダレー管区、16年以降に2000村を電化(10/16)

地場給油所、航空燃料事業への参入目指す(10/16)

個人商の国境貿易、18年度は590億チャット(10/16)

18年度の縫製品原料輸入、19%増の23億ドル(10/16)

コメ輸出が急減、9月20日までで229万トン(10/16)

水田の洪水被害、今年は昨年の半分以下(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン