【響き合うメコン】台頭するミャンマーに熱視線 コスメ市場(上)開放で流行一体化

【第2部】ミャンマーやカンボジアなどメコン各国で経済成長が加速し、所得が拡大する中、域内の「先進国」タイから消費財が流れ込んでいる。化粧品や日用品業界ではタイ企業のほか、日本や韓国勢もタイを足掛かりに周辺国へと攻勢をかける。長い軍事政権下で閉鎖されていたミャン…

関連国・地域: タイミャンマー
関連業種: 化学その他製造小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

KDDIと住商がゲーム事業 2年でシェア1割目指す(05/23)

円借款823億円承認、2大都市の整備に活用(05/23)

タンタビン工業団地開発、土地調査を開始(05/23)

華為のグーグル取引停止、国内にも懸念(05/23)

物流EFR、年内にYSX上場目指す(05/23)

浮体式ガス発電で入札へ、電力不足で政府(05/23)

割賦ティティコン、二輪不振で目標引き下げ(05/23)

外貨準備高は適正水準、中銀副総裁(05/23)

政府、パカン翡翠採掘を雨期の3カ月停止へ(05/23)

さくらさん育てたカメ公開、ミャンマー原産(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン