労組法施行から1年半、活動制限が鮮明

カンボジアで労働組合法が2016年5月施行されてから1年半以上が経過し、労組の活動制限が鮮明になっている。労組側は労働者の支援が難しいと反発している。プノンペン・ポスト(電子版)が15日に伝えた。 労組法は、国内で頻発するストライキの抑止を目的として制定された。労組…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

日本の対カンボジア貿易額、上半期は17%増(08/19)

南部港の2Q決算は大幅減益、設備投資増で(08/19)

プノンペン商銀、上半期決算は28%増益(08/19)

1~6月の国境輸出4%減、3カ国向け低調(08/19)

電子決済ウイング、不動産ナキなどと提携(08/19)

野党元党首「11月帰国」、国外に滞在(08/19)

亀田製菓、米菓工場がフル稼働の体制に(08/16)

鉱業アンコール、南部陸上油田の開発権取得(08/16)

証券取引所、営業時間を2倍の7時間に延長(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン