【第8位】日本支援のティラワ特区拡張

日本の官民が参画するミャンマー最大都市ヤンゴン郊外のティラワ経済特区(SEZ)で2月、工業団地の拡張工事の起工式が行われた。当初の開発区405ヘクタールはほぼ埋まったため、18年半ばまでに新たに101ヘクタールを造成する計画。ダウェー、チャウピューの両特区開発が進ま…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 経済一般・統計金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

ヤンゴン管区、小口金融計86社に免許(13:38)

物流の大善、ティラワで保税倉庫の運用開始(02/21)

ASEAN向けは15%減 日本の中古車輸出、緬の規制響く(02/21)

コカコーラ、解雇労働者に賞与支払いで和解(02/21)

ラオス通信がIPO計画、今年は53億円投資(02/21)

レパダウン銅山、住民が操業中止求めるデモ(02/21)

ヤンゴン市投資委、立体駐車場の建設計画(02/21)

ヤンゴンのビル6割、地震で損害の脆弱性(02/21)

米国へのエビ輸出、年間200万ドル規模(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン