• 印刷する

EUのパーム油規制に攻勢、KLMに抗議

インドネシア政府が、欧州連合(EU)のパーム油輸入規制の動きに攻勢をかけている。2015年にマレーシア政府と設立した「パーム油産出国委員会(CPOPC)」の代表がEU本部のあるベルギーの首都ブリュッセルで先週からロビー活動を開始。KLMオランダ航空の機内誌がパーム油の不使用を呼び掛ける内容の記事を掲載していることに対し、一部文言の削除を求める抗議書簡を送った。27日付ジャカルタ・ポストが伝えた。

CPOPCのマヘンドラ理事(インドネシア)は、KLMのピーター・エルベルス最高経営責任者(CEO)へ宛てた書簡で、KLMの見解は「見当違いがあり、世界の植物油市場の現状や地球環境への影響について無知である」と指摘。インドネシアが独自に「持続可能なパーム油の国内規定(ISPO)」認証を導入していることや、植物油の世界需要を満たせるのは生産性の高いパーム油だけであるなどと強調した。

KLMオランダ航空は機内誌で、パーム油を使用した製品の納入を受け付けない方針を示唆。代替品がない場合は、国際非営利団体「持続可能なパーム油のための円卓会議(RSPO)」の認証を受けたパーム油のみを使用するよう業者に求めた。

EUの欧州議会は4月、パーム油の輸入規制の強化を定める決議案を採択。決議案には、パーム原油を用いたバイオディーゼルの輸入を20年までに禁止することなどが盛り込まれた。


関連国・地域: マレーシアインドネシア欧州
関連業種: 農林・水産

その他記事

すべての文頭を開く

リモート研修はコロナ後も、VR活用の体験会(21:00)

シンガポールへの電力輸出を中止、国営電力(17:02)

インドネシアのパーム油輸出再開、影響軽微(18:39)

テイクオフ:マスクの着用義務を緩和…(05/23)

洋菓子の新業態店がハノイに 麦の穂、5年で海外300店目標(05/23)

【この人に聞く】ペットボトル回収業を収益化 新興企業、全方位の循環経済へ(05/23)

パーム油、輸出再開で国内供給義務を再導入(05/23)

入国上限2万人に、世界の8割が検査免除(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン