• 印刷する

タケノコ診療所、来月から日本語医療相談

インドネシアで日本人向けクリニックを展開する「タケノコ診療所グループ」は、12月1日から無料の日本語医療相談サービスを開始する。相談は年中無休で24時間対応。電話、電子メール、ファクスのほか、無料通信アプリのLINE(ライン)や米メッセンジャーアプリ「ワッツアップ」でも受け付ける。

相談には、日本語対応が可能なインドネシア人スタッフ15人と、院長を含む日本人4人の計19人が対応する。会員登録した相談者には、車が必要になった場合、運賃は自己負担だが、タクシーを無料で手配、救急搬送や通訳を同行させるサービスも有料で行う。緊急措置が必要な場合は、日本や第三国に搬送したり、国内の最適な医療機関や専門医を紹介したりする。

山田晴男院長によると、相談は国内外のどこからでも受け付ける。「健康状態に関する相談以外にも、普段服用している薬がインドネシアで手に入るかどうかや、日本語の通じる医療機関がどこにあるかなどといった基本的な相談にも応じるので、気軽に活用してほしい」と語った。

電話番号:021(5785)3961

FAX:021(5785)3941

LINE/ワッツアップ:0878―8879―6060

電子メール:nihonggosoudan@gmail.com

医療相談サービスを受け付ける、タケノコ診療所グループの山田晴男院長=ジャカルタ(NNA撮影)

医療相談サービスを受け付ける、タケノコ診療所グループの山田晴男院長=ジャカルタ(NNA撮影)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(18日正午)(02/19)

テイクオフ:7年ぶりにジャカルタに…(02/19)

デビットカードは衰退するか 19年取引額、7年で初の1桁成長(02/19)

1月の自動車部品輸入額、完成車の3倍(02/19)

自動車5社、CEPA批准で豪に参入検討(02/19)

アストラの自動車販売速報値、1月は3%減(02/19)

グローリー560販売台数、昨年は1275台(02/19)

1人当たりプラ包装消費量17キロ、WWF(02/19)

IHI、他社製ボイラー改修工事を受注(02/19)

輸入野菜の価格上昇、推薦状の交付遅延で(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン