• 印刷する

〔政治スポットライト〕日米豪印戦略対話復活へ、高官会合開催

オーストラリアは、中国の対外拡大政策に対抗する目的で、2008年に脱退した米国や日本、インドを交えた日米豪印戦略対話の復活を関係国と協議する方針だ。4カ国の高官は、来週マレーシアで開催される東アジア首脳会議(EAS)時に関連会合を開き議論する。一方、オーストラリア国内では、日米豪印戦略対話への参加を懸念する声も上がっている。8日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが報じた。

オーストラリアの関係者は、4カ国の高官が集まる会合開催は、日米豪印戦略対話を完全復活させる上で大きな進歩だと評価。また、地域の安全保障問題を解決する上で、経済成長が著しいインドを無視することはできないとしている。

日米豪印戦略対話は、ハワード保守連合(自由党・国民党)政権から続いていたが、08年にラッド労働党政権が対中関係の悪化を懸念して脱退していた。ラッド元首相は外交官時代に駐中国大使館の書記官を務めていた。

一方、労働党政権下の2007~11年に駐中国オーストラリア大使を務めたジェフリー・ラビ―氏は「オーストラリアは経済的に、中国に最も依存している。中国が敵意を感じる日米豪印戦略対話に参加したい理由が分からない」と批判している。

■米韓豪が海軍演習実施

オーストラリア海軍は6~7日に、米国と韓国の海軍と韓国の済州島沖で合同演習を実施した。北朝鮮の船舶が核開発関連物資を輸送した場合の阻止を目的としたもの。オーストラリア海軍のフリゲート艦、HMASメルボルンとHMASパラマタの2隻が参加した。


関連国・地域: 中国韓国マレーシアオーストラリアインド日本米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:友人が網膜色素変性症の…(11/20)

【特集企画】業界座談会第3弾・小売り業 ブランディングをどうする?(上)(11/20)

不振のマイヤー、クリスマス商戦も救えず?(11/20)

今年のクリスマス商戦、1人平均1325$消費(11/20)

〔政治スポットライト〕APEC後、豪日の役割が重要=豪紙社説(11/20)

来年発売の日産リーフ、豪で新たな電力源に(11/20)

NT石油ガス生産、拡大には日本の投資必要(11/20)

豪産大麦にAD調査、商務省が開始(11/20)

資源リオ、WA州で大規模な銅鉱床を発見か(11/20)

〔政治スポットライト〕労働党支持率、差縮まるも依然リード(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン