• 印刷する

【アジアに行くならこれを読め!】『本当は中国で勝っている日本企業 なぜこの会社は成功できたのか?』

人件費が上がってもうやっていけないとか、そもそも経済そのものが危ないとか、いろいろネガティブな要素が挙げられることも多い中国。長くそのようなことを言われているが、今も伸び続けているのはなぜか。巻末の「匿名でしか語れない本音のホンネ」にはその答えのヒントがあるかもしれない。

中国で成功している日本企業を綿密に取材した著者。最終章にベテラン金融マンを登場させ、「勝っている会社はたくさんあるよ。みんな、絶対に言わないだけで」と語らせる。曰く、高速鉄道や工場の自動化関連、ロボット、自動車部品、センサー、ベアリング、ハイエンド医療機器などが好調だそうだ。

中国で勝つ方法としては「お金を積んでも、優秀な中国人を採ること」という。それができれば苦労はしない! との声が聞こえてきそうだが、その人材をトップにすることも大事だそうだ。本社から来た日本人を据えるのではなく。

日本とは比較にならないほど急速にキャッシュレス化が進んでいるように、中国の市場は千変万化、融通無碍(むげ)、夢幻泡影(?)。そんな中国で生き残ってきた日本企業の事例を参考にできる良著といえる。

───────────────

『本当は中国で勝っている日本企業 なぜこの会社は成功できたのか?』

谷崎光 集英社

2017年8月発行 1,400円+税

───────────────

<目次のぞき見>

中国企業にファクトリーオートメーションを売れ!

スマホ支払い自動販売機で中国大陸を制覇する

アジア全域の口コミパワーが爆売れを呼んだ

中国人の舌と胃袋をとりこにした「味」の秘密

中国人を離さない、品質の良さ×デザイン性×マーケティング

───────────────

<著者紹介>

谷崎光(たにざき・ひかり)

ダイエーと中国の合弁商社で勤務後、中国でのビジネスをコミカルに描いた『中国てなもんや商社』(1996年)がヒット。北京在住で執筆・創作を続け、現在17年目。『日本人の値段 中国に買われたエリート技術者たち』(14年)など著書多数。

※特集「アジアに行くならこれを読め!」は、アジア経済を観るNNAの新媒体「NNAカンパサール」2017年10月号<http://www.nna.jp/nnakanpasar/>から転載しています。


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 自動車・二輪車医療・医薬品その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

東急ハンズが8月に1号店閉店、契約満了で(19:13)

JCB、ミャンマーで3行目の提携カード(07/02)

東南ア、入国制限の緩和検討 日本からの渡航本格化には時間(07/02)

下着大手がネット販売に活路 店舗2カ月閉鎖で、マスク製造も(07/02)

マニラ近隣州で制限緩和 外資工場集積、需要回復見通せず(07/02)

富士通、豪国防IT事業を受注 2年で総額2100万$(07/02)

富士フイルム、印製薬にアビガンの権利付与(07/02)

車載用コイルの生産倍増へ サガミエレク、来年に第2工場(07/02)

北米で新貿易協定が発効(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン