供給と需要両面に課題 20万台超のジプニー近代化(下)

フィリピン政府によるジプニー(フィリピン式乗り合いバス)など公共交通車両(PUV)の近代化プログラムは、政府の呼び掛けに応じて日系を含む内外の12社が製作した新型PUVの試作車を一堂に集めることで、進展を印象付けた。政府は来年からの5年間で20万台以上の車両を環境…

関連国・地域: 中国フィリピン日本
関連業種: 自動車・二輪車運輸・倉庫社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フィリピンは1946年…(02/21)

ASEAN向けは15%減 日本の中古車輸出、緬の規制響く(02/21)

ジプニー近代化政策が前進 優遇対象、8社に限定する案浮上(02/21)

ホンダ四輪、1万台のタカタ製部品無償交換(02/21)

JBIC、電線製造の三ッ星に融資(02/21)

【アジア自動車データ集】二輪販売(305)(02/21)

日本企業がパッキャオと契約、筋トレ機器で(02/21)

第3の通信事業者、政府が暫定条件を公表(02/21)

1月の国際収支、5.3億ドルの赤字に転落(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン