テイクオフ:中秋節の前後には、大小…

中秋節の前後には、大小のランタンを手に提げて家族が散歩している光景をよく目にした。子どもたちの笑顔を見ていたら、自分もそうだったと過去を思い出した。

小さいころ、自身を含め皆がこの日を楽しみにしていた。たとえ中秋節が平日でも、授業は普段より早く終わる。家でさまざまな料理を食べた後、制服を脱いでおしゃれをする。そして友人と食べ物やランタン、ろうそくを持って海辺や公園へ遊びに行く。しかし高校生になると、こうした中秋節の過ごし方に興味が薄れた上に、学業の忙しさもあって、皆は家でゆっくりした方が良いと思うようになった。

今年はランタンを持って外出する姿をSNSに投稿する友人の多さに驚いた。昔のことを懐かしんでいるのかもしれない。でも私にとって、一番良いのはやはり家で過ごすことだ。この情景は何年後まで残されているのだろう。(霆)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

一帯一路の香港参画を促進へ 発改委と調印、金融など6分野(12/15)

【外国企業の日本戦略】画像認識技術で自動運転 【第12回】センスタイム、ホンダと開発へ(12/15)

レイザーが映画界参入、スクリーン供給へ(12/15)

UAシネマズ、映画館を来年3軒開設(12/15)

政策金利を0.25%引き上げ、今年3回目(12/15)

反落、HSBCの下げ響く=香港株式(12/15)

デロイトと中国人寿、保険販売でDLT開発(12/15)

テンセント、「デジタル経済」で珠海と協力(12/15)

中国電信など3社、データセンター1期稼働(12/15)

モバイル決済、香港の夜市にもじわり(12/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン