• 印刷する

インドの銃所持許可証、UPがトップ

人口約13億人のインドで340万人が銃の所持許可証を持ち、うち38%が北部ウッタルプラデシュ州民であることが分かった。内務省の統計をタイムズ・オブ・インディア(電子版)が2日、伝えた。

それによると、2016年末の時点で全土の許可証所持者は336万9,444人。トップはウッタルプラデシュ州(人口約2億人)の127万7,914人で、所持理由のほとんどが「個人の安全」だった。

2位は30年にわたって分離独立運動が続く北部ジャム・カシミール州(同1,250万人)の36万9,191人。3位は1980~90年代にテロが頻発した北部パンジャブ州(同2,770万人)の35万9,349人だった。

デリーの許可証所持者は3万8,754人だった。


関連国・地域: インド日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:冷戦時代、日本と欧州の…(07/17)

上期の住宅販売は22%増 回復基調続く、供給の6割が低価格(07/17)

現代自、EV事業に200億ルピーの投資計画(07/17)

18年度農産品輸出額、7月初旬まで11%増(07/17)

電動二輪ヒーロー、南部で工場設置を計画(07/17)

印企業の景況感、6月は過去最低水準に低下(07/17)

6月の卸売物価は2%上昇、2カ月減速(07/17)

貿易赤字、6月は152.8億ドルに低下(07/17)

インド企業、気候変動のリスクを懸念(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン