• 印刷する

【アジアに行くならこれを読め!】 『シニアひとり旅 バックパッカーのすすめ アジア編』

タイ、ベトナム、カンボジア、中国、台湾、香港……。目次を見て、「20代の頃バックパックを背負って回った国・地域ばかりだ」と感慨を覚える駐在員もいるはずだ。今は代わりにスーツケースを転がして飛び回っているのだろうか。

『何でも見てやろう』(古い!)の小田実や『深夜特急』の沢木耕太郎など、バックパッカーの教科書を物した人物は数あれど、やはり下川裕治を忘れてはいけない。シニア世代に入った今も、その独自のバックパッカースタイルで旅を続けている。

著者によれば、カンボジアは「新たな聖地」になっていくかもしれないという。母国で数カ月働いて得た資金を持ち、物価の安いアジアで1~2年何もせずに過ごす「外こもり」者や、定年後の資金を頼りにロングステイするシニアたちにとっての聖地に。そういう人々はこれまでタイ・バンコクに多かったが、締め付けが厳しくなってカンボジアに流れてくるかもしれないとのこと。四半世紀ほど前、カンボジアを訪れるバックパッカーは、それこそ「何でも見てやろう」というエネルギーを持つ者が多かったが、時代とともに変化していくものなのだろう。

バックパックはもう何年押し入れの中に眠っているだろうか。そのかつての相棒を思いながら本書を読むと、各国・地域での思い出が鮮明によみがえってくる。

───────────────

『シニアひとり旅 バックパッカーのすすめ アジア編』

下川裕治 平凡社

2017年7月発行 800円+税

───────────────

旅というものは、年齢によってその色合いが変わるものだ(本書より)

───────────────

<目次のぞき見>

・中国——戦跡、面影、寝台列車

・台湾——遠い「日本」といまを知る

・ベトナム——庶民料理と反戦ソング

・ラオス——静けさが恋しくなったら

・シニア世代に必要な旅のノウハウ

───────────────

<著者紹介>

下川裕治(しもかわ・ゆうじ)

1954年長野県生まれ。アジアを中心に歩き、90年のデビュー作『12万円で世界を歩く』で一躍世に知られる存在に。『日本を降りる若者たち』(2007年)、『週末アジアでちょっと幸せ』(12年)など著書多数。

※特集「アジアに行くならこれを読め!」は、アジア経済を観るNNAの新媒体「NNAカンパサール」2017年9月号<http://www.nna.jp/nnakanpasar/>から転載しています。


関連国・地域: カンボジア日本ASEAN
関連業種: メディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

バイデン氏が初日に大転換、17文書署名(01/22)

WHO会合で残留宣言、ワクチン枠組み参加へ(01/22)

GAFA、米新政権に協調(01/22)

日産の英工場一部停止、部品供給遅れ(01/22)

ダイハツHVに再参入へ、10年ぶり脱炭素対応(01/22)

「SR400」生産終了へ、ヤマハ発の人気バイク(01/22)

工作機械受注9018億円、10年ぶり1兆円割れ(01/22)

物価4年ぶりマイナス、コロナで0.2%下落(01/22)

ワクチン保冷器開発、零下70度18日間維持=パナ(14:14)

「五輪中止の結論」と英紙、与党幹部「絶望的」(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン