森ビル、ジャカルタに超高層ビル開発

森ビルが開発を手掛ける超高層オフィスビルの外観イメージ(同社提供)

森ビルが開発を手掛ける超高層オフィスビルの外観イメージ(同社提供)

森ビルは9日、インドネシアの首都ジャカルタの中心部に超高層のオフィスビルを開発すると発表した。投資額は5億米ドル(約550億円)で、ジャカルタの新たなランドマークになることを目指し、2021年に完工させる計画。同社が東南アジアでオフィスビルの開発を手掛けるのは初めて。

ジャカルタの目抜き通りであるスディルマン通り沿いに、高さ266メートル、地上59階、地下4階建てのオフィスビルを開発する。延べ床面積は約19万平方メートルで、オフィスと飲食店などが入居する。

清水建設とインドネシア地場バングン・チプタが合弁で設計・施工を手掛ける。東京の六本木ヒルズや森タワー、中国上海市の上海環球中心を手掛けた、米ニューヨークの設計事務所のコーン・ペダーセン・フォックス・アソシエイツ(KPF)の意匠デザインを起用する。

森ビルは昨年5月、シンガポールに現地法人を設立、東南アジアの諸都市を中心に新たな事業機会を模索してきた。東京や上海などで培った都市づくりのノウハウを生かし、成長著しいジャカルタのさらなる進化・発展に貢献したいとしている。

森ビルが開発するオフィスビルの計画地周辺図(同社提供)

森ビルが開発するオフィスビルの計画地周辺図(同社提供)


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

1~9月の重機生産台数、6割増の4036台(10/20)

バタムFTZから撤退相次ぐ、経営陣を刷新(10/20)

ガルーダ、西ジャワ新空港と業務提携で合意(10/20)

LCGC販売台数が低調に 昨年から一転、融資規制が圧力に(10/20)

宇部興産と中国電力、石炭を共同で輸入(10/20)

【アジア三面記事】恋の結末はロマンス詐欺(10/20)

首都の高架道など6カ所、年内完工できず(10/20)

配車アプリの改正法を発表、シール貼付など(10/20)

シャープ、新型コードレス掃除機を発売(10/20)

たばこ税、来年1月から10%引き上げ(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン