• 印刷する

淘宝網、偽ペットフード販売業者に勝訴

阿里巴巴集団(アリババ)傘下のネット通販サイト「淘宝網(タオバオ)」で販売されていた著名ブランドのキャットフードに偽物が混在していたとして、淘宝網が販売業者に265万元(約4,366万円)の損害賠償を求めた訴訟で、上海市奉賢区の裁判所はこのほど、「淘宝網の商業上の信用に損害を与えた」とし、被告に12万元の賠償金支払いを命じる原告勝訴の判決を言い渡した。25日付解放日報が伝えた。

同紙によると、今回の判決は電子商取引(EC)業者が通販サイトでの販売業者の偽物販売で損害賠償を求めて勝訴した全国初のケースとなる。淘宝網は「賠償金で消費者の補償、保護に充てる基金を創設する」と表明した。

被告は2015年から淘宝網でペットフードの販売を開始。淘宝網と米食品大手マースは、被告が販売していた「ロイヤルカナン」ブランドのキャットフードに偽物の疑いがあるとして調査を進め、鑑定で偽物と判明したことから、被告を提訴していた。被告は16年10月に逮捕されている。


関連国・地域: 中国-上海
関連業種: IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

海南をてこに消費市場攻略 免税世界一へ、日系が商機狙う(06/18)

バベット高速道建設、中国企業に再調査要請(06/18)

5月の新築住宅価格、上昇は62都市で横ばい(06/18)

端午節の住宅市場に陰り、取引数が急減(06/18)

MG、EV充電スタンドの設置目標引き下げ(06/18)

データ安全法、車や通信に=罰金最高1.7億円(06/18)

銅・アルミ・亜鉛の備蓄放出、価格安定狙う(06/18)

中国企業の海外投資、1~5月は5.3%減(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン