テイクオフ:高校教員の知人は、海外…

高校教員の知人は、海外の姉妹校が来校する際のスケジュールを管理する業務を担当している。5カ国と提携を結んでいるが、やり取りをする上でそれぞれのお国柄が出るという。

日本の姉妹校は計画書の内容を事細かに記載し、要望や質問事項も項目ごとに書き込んでくる。提出期限も一度も遅れたことはない。日本の教員は全て日程を把握し、生徒は指定した持ち物を確実に持ってくるため、来校時も計画通りに予定が進められるという。

悩みの種は某中華圏の姉妹校だ。計画書の提出遅れは当たり前。2時間早めに来校したり、当日に夕食の変更要請があったりするなど、無理難題と思える要求も多い。伝達ミスにより生徒が体操服を持ってきておらずテコンドーの授業も中止になった。

知人の高校はこれを他人の石として、海外に訪問する際は日本の姉妹校を手本にしているという。(公)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

開城工団の操業再開を提案か、首脳会談で(15:34)

車の安全旋回部品、現代モービスが開発(17:03)

5G技術で世界に発信、南北首脳会談(18:25)

ブロックチェーン事業を本格化、SKT(18:25)

SKハイニックス、1Qの営業利益は8割増(18:25)

ソウル路線の利用促進へ、仙台空港が覚書(18:28)

CJオーショッピング、東欧同業を買収へ(18:25)

SBベンチャーズ、中古取引社に45億W出資(18:28)

テイクオフ:韓国の公教育は崩壊した…(04/24)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン