• 印刷する

《知財》SMCのヒネブラ商標、認める判決

フィリピンの控訴裁判所(CA)はこのほど、財閥サンミゲル・コーポレーション(SMC)の蒸留酒部門ヒネブラ・サンミゲル(GSMI)による「ヒネブラ(スペイン語でジン)」の商標登録を認める判決を下した。フィリピン知的財産局(IPフィリピン)による決定を覆した。21日付ビジネスミラーが伝えた。

GSMIは、2013年9月にIPフィリピンが却下した「ヒネブラ・サンミゲル創業1834年」の商標登録を認めるよう提訴していた。CAは、創業1834年についてはGSMIの訴えを棄却した。

IPフィリピンは、ヒネブラは一般的な言葉で、ヒネブラと1834年創業は商標として機能しないとして、商標登録を認めない裁定を下していた。

ヒネブラの商標をめぐっては、GSMIは過去に、蒸留酒メーカーのタンドゥアイ・ディスティラーズ(TDI)と係争に発展した経緯がある。GSMIは、TDIの「ヒネブラ・キャピタン」が商標権侵害に当たるとしてブランド名の使用差し止めを請求。TDIは「ヒネブラという言葉はジンの総称として誰もが使用することが認められるべきだ」と主張していた。IPフィリピンは13年にTDIの主張を支持したが、14年にCAがTDIに対し、同製品の販売禁止を命じる判決を下していた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

デルタ株対策の入国禁止、15日まで延長(07/30)

首都圏の外出制限、6日から再び厳格化(07/30)

新型コロナ、新たに8562人感染(07/30)

新型コロナ、新たに8147人感染(19:16)

首都圏の外出制限、延長表明 大統領、厳格化に転じる可能性も(07/30)

外出制限、イロイロで最も厳しい措置(07/30)

新型コロナ、新たに5735人感染(07/30)

変異のデルタ株、新たに97人感染(07/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン