【香港新成長】貨物輸送需要は限定的か 港珠澳大橋をデータで分析

【港珠澳大橋編・第1回】 香港―広東省珠海―マカオをつなぐ世界最長クラスの海上橋「港珠澳大橋」の開通条件が年内に整う見通しだ。開通すれば香港と珠江西岸の陸上移動の時間が飛躍的に短縮されることは間違いない。しかし、開通時期や通行料、通行規定など、現時点では未知数…

関連国・地域: 中国香港マカオ
関連業種: 建設・不動産運輸観光マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

香港の学校再開、早くて4月20日に(15:23)

【ダイヤモンド・オンライン】AirPods危機!新型肺炎でアップルの超ヒット商品が入手困難になる理由(15:32)

外国投資が過去2年で最大 1月に9億ドル、肺炎に懸念も(02/25)

【日本の税務】二重課税された給与について(02/25)

外出敬遠、宅配事業が盛況 ホテルも提携、デジタル決済増加(02/25)

(表)世界の新型肺炎感染者数(24日正午) 日本・韓国人らを経過観察対象に=タイ(02/25)

日中韓から入国後は自己観察 14日間、教育省は自宅待機要請も(02/25)

香港政府、韓国からの入境を禁止へ(02/25)

香港の旅行社、韓国旅行を中止=感染拡大で(02/25)

政府衛生当局、日韓避けるよう呼び掛け(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン