【第10位】鉄道開発に勢い、日本製車両も初上陸

今年はタイの鉄道案件が活発に動いた。日本関連では首都バンコクの都市鉄道事業への6年ぶりの円借款契約や初の日本製車両の納車があり、全国の路線網の調査案件も進んだ。一方で中国とタイをつなぐ鉄道計画の交渉も最終局面に近づいた。 特に日本製車両の上陸は歴史的な一歩。来…

関連国・地域: 中国タイ日本欧州
関連業種: 自動車・二輪車運輸マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:盆休みを迎えた日本では…(08/11)

電動旅客船が相次ぎ就航へ 地場が開発、自製の蓄電池を搭載(08/11)

メコン地域の物流調査、貨物への影響軽微(08/11)

イースタンパワー、越の風力発電2件を買収(08/11)

パワーライン、内務省の新庁舎建設を落札(08/11)

財務局、年内に東部の高齢者住宅販売開始へ(08/11)

マツダ販社プラナコン、首都北部に3店目(08/11)

財閥CP、香港のオークションサイト買収(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン