NNA ASIA

【特別インタビュー】「原発、豪で石炭火電の代替に」

マーク・ホー豪原子力協会副会長

オーストラリアでは、モリソン首相が9月に原子力潜水艦の導入を含む米国と英国との3カ国の安全保障枠組み「AUKUS(オーカス)」を発表して以降、二酸化炭素(CO2)排出量の削減の機運と相まって、「クリーンエネルギー」としての原子力発電の可能性についての議論が高まっている。産官学の原子力産業関係者を代表する独立団体、オーストラリア原子力協会(ANA)のマーク・ホー副会長(前会長)に、AUKUSの効果や、オーストラリアが原子力産業を発展させる上で重要な点などについて話を聞いた。【NNA豪州編集部】

関連記事