NNA ASIA

車載用電池の生産量、20年に4.6倍に拡大へ

高工リ電産業研究所(リ=かねへんに里)はこのほど、2020年の車載用電池生産量が16年比約4.6倍の141ギガワット時(GWh)になるとの見通しを示した。政府の後押しを受け、今後5年の間に市場が急成長するとみている。ニュースサイトの澎湃新聞が26日伝えた。