有為転変 世界の大地から

A yuui icon
農産物価格の高騰や貧困問題など、世界の大地で起きているまさに有為転変の出来事を、NNA豪州編集長が独自の視点から分析・紹介します。
すべての文頭を開く

【有為転変】第75回 蜜月期の賞味期限(2014/07/11)

「アジアで最も親しい友人」と呼ばれ、連邦議会で日本の首相として初めて演説を許され、そして全閣僚とも会…

続きを読む

【有為転変】第74回 上勝町を愛した女性(2014/06/13)

先月末の5月30日は日本で、語呂合わせから、ゴミの減量やリサイクルを促進する「ごみの日」という記念日で…

続きを読む

【有為転変】第73回 オーストラリアの医療文化(2014/05/30)

今年1月、クイーンズランド(QLD)州のロックハンプトン病院――。腎臓病を患う女性患者が、片方の腎臓…

続きを読む

【有為転変】第72回 改革が容易なオーストラリア(2014/05/16)

アボット政権が発表した新年度財政予算の内容が、侃々諤々と国内で議論されている。どこかの国にありがちな…

続きを読む

【有為転変】第71回 大衆世論の懐柔策(2014/05/02)

日本とオーストラリアが今回大筋合意した経済連携協定(EPA)で、当初公開された内容に対して、奇妙な感…

続きを読む

【有為転変】第70回 半世紀を経た決断(2014/04/17)

シドニー第2空港の建設地が、西部バジェリーズクリークにようやく決まった。つい最近まで第2空港建設その…

続きを読む

【有為転変】第69回 外交の失態(2014/04/04)

ハーグの国際司法裁判所での日本敗訴判決は、案の定、世界のあらゆるメディアが大々的に報道していた。連日…

続きを読む

【有為転変】第68回 投票用紙はどこに消えた(2014/03/21)

今月15日に南オーストラリア(SA)州とタスマニア州で州議会選挙が行われたが、相も変わらずというべきか…

続きを読む

【有為転変】第67回 成功の光と影(2014/03/07)

米誌フォーブスが、オーストラリアのカジノ大手、クラウンの会長を務めるジェームズ・パッカー氏にインタビ…

続きを読む

【有為転変】第66回 トヨタの「沈黙」(2014/02/21)

今月10日に発表されたトヨタのオーストラリア生産撤退という大きなニュースは、政財界を大混乱に陥れた。翌…

続きを読む

【有為転変】第65回 カジノと社会(2014/02/07)

たまに日本に一時帰国すると、外国人的な視点から日本社会を見て、目を見張ることがある。今回もあらためて…

続きを読む

【有為転変】第64回 靖国と外交(2014/01/17)

最近のオーストラリアの地元紙で、安倍晋三首相の靖国神社参拝などを機に、オーストラリアが日本寄りのスタ…

続きを読む

【有為転変】第63回 オランダ病と労組病(2013/12/20)

最近のオーストラリアン・ファイナンシャル・レビュー(AFR)紙に、ある風刺漫画が載っていた。「ホール…

続きを読む

【有為転変】第62回 2人のノーベル平和賞(2013/12/06)

ノーベル平和賞受賞者で、ミャンマーの最大野党党首であるアウン・サン・スー・チー氏が11月末にオーストラ…

続きを読む

【有為転変】第61回“正直税”が高いオーストラリア(2013/11/22)

ウールワースで買った文房具などに欠陥があった際、新品と交換してもらったことが何度かあった。しかし一度…

続きを読む

【有為転変】第60回 選ばれた少数派(2013/11/08)

資源で潤う西オーストラリア州と、産業に乏しいタスマニア州の経済格差をどう縮小するか。アボリジニと白人…

続きを読む

【有為転変】第59回 オーストラリアの門閥(2013/10/25)

オーストラリアのビショップ外相が10月15日に日本を訪問したその同じ日に、クエンティン・ブライス連邦総督…

続きを読む

【有為転変】第58回 日本的おもてなし(2013/10/11)

今月4~6日にシドニーで開催された「EBゲームズ・エキスポ」で、ソニーをめぐって起きたある小さな出来…

続きを読む

【有為転変】第57回 恍惚の人(2013/09/27)

9月下旬の午後、電車の2階車両に乗っていた時のこと。太めの初老の西洋人男性が筆者の隣に座ってきた。別…

続きを読む

【有為転変】第56回労働党の自爆(2013/09/13)

労働党のラッド前首相が行った総選挙の敗北宣言スピーチは、落選者がうなだれる光景を見慣れた日本人として…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン